• Home
  • News List
  • 北海道企業家甲子園2023にて 当社代表西嶋が審査員を務めました
  • EVENT

北海道企業家甲子園2023にて 当社代表西嶋が審査員を務めました

北海道企業家甲子園2023にて 当社代表西嶋が審査員を務めました

12月2日に開催された「北海道企業家甲子園2023」において、当社代表の西嶋が審査員を務めました。

 

厳正なる審査の結果、最優秀賞「NICT賞」は、夫婦の対話のきっかけを作るアプリ「はぐくみ」を発表した北海道科学大学のチーム「おむすび」、及び除雪業務の報告作業のデジタル化・除雪時の道路境界の表示等ができるシステム「除雪でぃーX」を発表した旭川工業高等専門学校のチーム「北国のコウヤ同盟」の2チームが受賞し、令和6年2月の米国・シリコンバレー研修への参加権、及び3月に東京で開催予定の「起業家甲子園全国大会」への出場権を獲得しました。2チームの同時受賞は、本コンテスト史上初となります。

 

弊社からは、RFIDテクノロジーを駆使したゴミ収集の効率化を図るシステムを発表した苫小牧工業高等専門学校のチーム「苫小牧高専フロンティアコース」に特別協賛団体賞として「インプル特別賞」を授与、また、西嶋が会長を務める北海道モバイルコンテンツ・ビジネス協議会からは、勉強可能な場所が一目でわかるマップアプリ「シェアスタディ」を発表した札幌日本大学高等学校のチーム「自習組」に優秀賞として「北海道モバイルコンテンツ・ビジネス協議会賞」を授与いたしました。

 

昨年度は、「NICT賞」に輝いたチームが、見事、全国大会でグランプリにあたる「総務大臣賞」を受賞いたしました。今年度も、北海道代表として、昨年に続く賞の受賞を期待しています。

 

  • ■当社、及び北海道モバイルコンテンツ・ビジネス協議会からの授与の様子

 

【インプル特別賞】
苫小牧工業高等専門学校
チーム名:苫小牧高専フロンティアコース
「RFIDテクノロジーを駆使した効率的なゴミ収集サービスの持続性強化」

 

【北海道モバイルコンテンツ・ビジネス協議会賞】
札幌日本大学高等学校
チーム名:自習組
「シェアスタディ~勉強スペース探しはこのアプリで〜」

 

  • 北海道企業家甲子園について

北海道におけるICTベンチャーの担い手となり得る人材の発掘を目的とした、今年で第10回目を迎える学生対象のビジネスコンテスト。今年は、12チームが参加した。

<概要はコチラ>

https://www.soumu.go.jp/soutsu/hokkaido/C/u-Land/20231206.html

Contact

Contact

お問い合わせ

システム開発、ニアショア・ラボ開発、各種サービスについてお問い合わせがございましたら、お問い合わせフォームまたはお電話にてお気軽にご連絡ください。

Recruit

採用情報

上場への体制強化に向けてさまざまなポジションを募集しております。

Recruit Detailarrow